ワークスタイルを一変したのがデスクトップ仮想化技術なら、
その未来を守るのは、F5の技術です。

このコンテンツの概要

ワークスタイルやデバイスの多様化に伴い急速に普及が進んだVDI(Virtual Desktop Infrastructure)。

クライアント端末にデータを保持する必要がないためセキュリティ対策としての効果が高い一方、利便性と安全性のバランスをどう維持するかという新たな課題も浮上。そのため、導入時にはネットワーク環境の再点検がお勧めです。F5のBIG-IPに象徴されるApplication Delivery Controller(ADC)技術は、それらの課題を回避する有効かつ廉価な手段として注目されています。

本書は、VDIアクセスのセキュリティ面での現状、VDIのメリットを損なわずに「セキュリティ」「使い勝手」「パフォーマンス」の3点からその性能をパワーアップするADCの機能について詳しく見ていきます。さらにVDIのリーディングベンダーであるVMWare製品や、F5製品との連携ソリューションによるユーザビリティーの向上など、VDIアクセスの最新動向についても取り上げています。

内容の構成
  1. デスクトップ仮想化「VDI」の落とし穴。ネットワークは再点検を
  2. 最新のVDI事情。アクセス形態の多様化とそのセキュリティ対策
【こんな方にお勧めです】
  • VDIをどこからでもアクセスできる環境を作りたいインフラ担当者
  • VDIアクセスの認証回数を減らしたい方
  • 端末特定でよりアクセスを強化する方法を学びたいインフラ担当者

VDIアクセスのセキュリティを支えるF5のADC技術。その全容が気になる方は今すぐ下記のフォームからダウンロードを!!