増加し続けるOffice365ユーザー。
F5の確かな技術が、その安心をサポートします。

このコンテンツの概要

クラウドの普及に伴い導入が拡大しているMicrosoft Office365。企業側はいかにして増加し続けるトラフィックを分散してリソース不足を補い、すべてのユーザー向けに安定したパフォーマンスを確保できるかという課題に直面しています。その課題解決に有効な対策として注目されているのが、F5のBIG-IP Local Traffic Manager(BIG-IP LTM)です。

PDFブック『Office365を快適・安全に BIG-IP活用術』は、Office365導入時の検討課題とBIG-IP LTMを活用した改善策で構成されており、この対策の全体像を把握するうえで最適なコンテンツです。

また、関連するもう1つのPDFブック『BIG-IP LTM かんたんセットアップガイド(v12.1) Office365向けOutbound通信対策編』では、Office365の利用環境下において懸念される Proxy サーバへの負荷を軽減するべく、BIG-IP LTMを使った負荷分散の設定案についてご案内します(※本書における設定値は推奨構成ではなく、あくまで設定案となります)。

内容の構成

=== Office365を快適・安全に BIG-IP活用術 ===

  • Office365導入時の課題と検討事項
  • アクセス回線増強、Office365のパフォーマンス改善
  • プロキシサーバ増強 〜プロキシの負荷分散、バイパス〜
  • 認証基盤の拡張 〜社内ADとの認証連携、端末の検疫〜
  • 通信内容の検査〜SSL フォワードプロキシ
  • フェデレーテッド・サービスによる 認証の仕組み 〜社内からのアクセス〜
  • APMのポータル機能
  • 接続時の端末の検疫機能

=== Office365向け Outbound通信対策 ===

  • 動作概要
  • 構成例
  • Web Proxyサーバの登録
  • Tunnelsの作成
  • Explicit HTTP Profileの作成
  • HTTP Forward Proxy Virtualの作成
  • TTPS Forward Proxy Virtualの作成
  • Office365判別用iRuleの作成と VS への割り当て
  • クライアントPCの準備
  • (参考)External Data-Group の修正
【こんな方にお勧めです】
  • Office365導入済みで安定したパフォーマンスを確保するヒントを探しておられる方
  • Office365の課題解決対策としてBIG-IP LTMを検討しておられる方
  • Office365の導入を検討しておられる方

Office365のパフォーマンス向上に必要な情報がここに!! 気になる方は今すぐ下記のフォームからダウンロードを!!