" type="text/css" rel="stylesheet">

トラフィックを詳細に制御する。

BIG-IP Local Traffic Manager(LTM)を使用すると、ネットワークのアプリケーション トラフィックとその処理方法の制御について理解を深めることができます。LTMは、雑然としたネットワーク トラフィックの量を論理的に組み立てられたデータ ストリームに変換してから、サーバのパフォーマンス、セキュリティ、および可用性に基づいて適切な送信先を選択して、インテリジェントなトラフィック管理に関する決定を下します。

また、BIG-IP LTMは高度なロードバランサーとして負荷分散も可能にします。しかし、これはまだほんの一部であって、他にもさまざまな機能があります。

フル プロキシにより最大限のパワーを取得。

見ることができれば、操作できる。

BIG-IP LTMはフル プロキシであるため、ネットワークに出入りするアプリケーション トラフィックを点検、管理、およびレポートすることができます。基本的な負荷分散からクライアント、サーバ、またはアプリケーションのステータスに基づいた複雑なトラフィック管理に関する決定まで、BIG-IP LTMはアプリ トラフィックをきめ細かく制御します。

たとえば、要求したURLまたはログ固有のサーバ応答に基づいてトラフィックをレポート システムに転送する場合、BIG-IP LTMには、転送に必要なアーキテクチャとツールが備わっています。
 

運用効率。よし。

BIG-IP LTMは、ネットワークとアプリケーション レイヤの両方からアプリケーションの速度と信頼性を最適化できます。

BIG-IP LTMは、アプリケーションやサーバの状態に基づくプロトコルとトラフィック管理のリアルタイムの決定、詳細な接続管理、TCPとコンテンツのオフロード機能を使用して、ページの読み込み時間とユーザ エクスペリエンスを大幅に改善します。

高遅延ネットワークに対応している場合でも、何百万もの接続をオフロードしている場合でも、BIG-IP LTMはインフラストラクチャとアプリケーションのパフォーマンスを改善できます。

超高速SSL。

パフォーマンスとセキュリティの向上。

BIG-IP LTMのSSLパフォーマンスにより、クライアントからサーバまでのすべてを暗号化することでエンドツーエンドのユーザ エクスペリエンス全体をコスト効率よく保護できます。また、オンデマンドで拡張し、深刻な影響をもたらすDDoS攻撃にも対応します。

SSLはネットワーク全体で有効になっていることがよくあります。ほとんどのネットワーク セキュリティ デバイスは、レイヤ4~7の悪意のあるトラフィックを検出するような方式では構築されていません。正常なトラフィックと不正なトラフィックを分けることが最初の問題で、悪意のあるトラフィックに対して措置をとることは2番目の問題です。

BIG-IP LTMには、不正なトラフィックをブロックし、正常なトラフィックを通過させるのに必要なさまざまなレベルの検査機能が用意されています。

 

 

ネットワークと同期する際の拡張性と速度。

帯域から負担を排除。

BIG-IP LTMでは、高度なエンタプライズ クラスのロード バランサ(負荷分散機能)を利用できます。また、詳細なレイヤ7制御、SSLオフローディングとアクセラレーション機能、およびオンデマンドの拡張を実現するScaleN技術も利用できます。

速度に関して言えば、高度に最適化されたTCP/IPスタックであるTCP Expressは、TCP/IP技術と最新RFCの改善と、輻輳およびパケット損失と復元の影響を最小限に抑えるためにF5が開発した拡張を組み合わせます。

実際に、独立系テスト ツールと顧客エクスペリエンスによると、TCP Expressはユーザに最大2倍のパフォーマンスと4倍の帯域効率を提供し、しかも、サーバ、アプリケーション、またはクライアント デスクトップへの変更は一切ありません。

 

プログラム機能が個人攻撃を受ける。

ネットワークにとって課題となる変更に適応する。

BIG-IP LTMはプログラム可能であるため、提供されている可視性と制御能力を使って、F5のイベント駆動型スクリプト言語であるiRulesで即座に使用を開始することができます。ゼロデイ攻撃の打破から特定のアプリ要求の複製またはカスタム アプリケーション プロトコルへの対応にいたるまで、iRulesを使用すると、データセンタ、仮想インフラストラクチャ、およびクラウド全体にわたってアプリケーション デリバリの課題に適応できます。

短時間で導入し、操作を効率化するには、iAppsを使用します。これは、個々のデバイスやオブジェクトを管理するのではなく、アプリケーション サービスを管理できる一連の機能です。iAppsはアプリケーション デリバリの可視性と制御能力を高めるため、数週間もかかっていた導入作業が数時間でできるようになります。

設定から統合にいたるまでの操作に利用できるF5テクノロジーをご覧ください。

関連情報

サイトスピードによるビジネスインパクト~Webサイト高速化

サイトスピードによるビジネスインパクト~Webサイト高速化で直帰率改善


SSL可視化でセキュリティ対策

SSL可視化でセキュリティ対策~常時SSL化の落し穴


パブリッククラウドのセキュリティ対策

パブリッククラウド移行をスムーズに行うポイント


App Transport Security(ATS)の必須化対策

App Transport Security(ATS)の必須化対策


DDoS攻撃対策の基本

【漫画で分かる】DDoS攻撃対策の基本


製品・ソリューションに関する
ご相談・お問い合わせ

お問い合わせはこちら

~インフラの力を伸ばす~
資料ダウンロード

ダウンロードはこちら
®  ソリューションサイト