マルチクラウドの導入が加速化する中、オンプレミスと同様のセキュリティレベルをBIG-IPで効率的に管理するポイントを紹介します。

 

 

 

マルチクラウドのセキュリティ管理にお悩みの企業様へ

マルチクラウドセキュリティ管理のポイント

パブリッククラウド利用の課題

 

パブリッククラウドの積極採用で発生するセキュリティ問題

利便性の高いパブリッククラウド。コストとスピードを考慮し、積極採用している企業・組織が多くなってきています。

しかしマルチクラウド化により、セキュリティコントロールが各クラウドに依存してしまうため、セキュリティや可用性の管理が煩雑になっています。

 

F5がどう解決するか

 

パブリッククラウドのメリットを得ながら、セキュリティは自社でコントロール

F5の提供するBIG-IP iシリーズは、自社のデータセンターにマルチクラウドゲートウェイとして配置することでパブリッククラウドごとのセキュリティや可用性をユーザー自身できめ細かく一元管理することができます。

 

F5ソリューションの特徴

 

業界初 Tuboflexを搭載
特定のトラフィックを高速化するF5独自の技術TurboFlex™により、FPGAに異なるビットストリームをロードし処理を切り替えることが可能です。

SSL/ECCの処理は他社比較5倍のコストパフォーマンス
他社デバイスと比較した際、BIG-IP iシリーズのSSL/ECCの暗号処理は5倍のパフォーマンスを発揮します。

 

 

次のステップ


BIG-IP プラットフォームの
製品情報を確認する
製品情報
無料のフル機能版
評価ライセンスの入手
無料トライアル

​​

お問い合わせ