ITインフラ管理者は、ハイブリッドクラウド上に拡散するアプリケーションの可用性とセキュリティをどのように確保すればよいのか。

 

L4-7技術をベースとしたF5のBIG-IPとBIG-IQで一元的に可用性やセキュリティを管理する方法をご紹介します。

 

 

 

サイバー攻撃に悩むインフラ担当者の方へ

ハイブリッドクラウドの
可用性/セキュリティ
にどう立ち向かうべきか?

<

クラウド活用のポイント

 

シンプルな管理でクラウドのパワーを引き出す。

パブリッククラウドの利用場面が拡大し、アプリケーションがクラウドにシフトしつつある現在、これまで適用してきた管理機能や業務アプリケーションはマルチクラウドに分散しています。

対策をとらなければ、オンプレミスの他、分散したクラウドごとに異なる管理が必要に。

BIG-IP/BIG-IP VEで実現するシングルポイントコントロールは、今までのオンプレミスと同様の手法による管理を実現し、煩雑になり得る運用負荷をシンプルに現状維持します。

 

F5がどう解決するか?

 

シングルポイントコントロールで、クラウド活用に差をつける。

アプリケーションのセキュリティ/可用性/パフォーマンスを管理するF5の独自技術「TMOS」をベースに、クラウド時代のエンタープライズインフラ管理プラットフォームが誕生しました。
アプリケーションと利用者環境をシングルポイントで管理。
セキュリティ、可用性、パフォーマンスの問題を一掃して、クラウド本来のメリットを享受できます。

 

F5のWAF-4つの特長

 

全社セキュリティを一元管理
オンプレミス、クラウドから、モバイル環境まで、同一のセキュリティポリシーを適用できます。全社セキュリティの一元管理で運用負荷を軽減しながら、サイバー攻撃にも迅速に対処できます。

可用性、パフォーマンスを強化
アプリケーションの可用性やパフォーマンスも一元管理。負荷分散機能、クラウドアプリケーション向け広域負荷分散機能などを提供し、オンプレミスからクラウドまでシステムの可用性、パフォーマンスを最大化します。

幅広い利用者環境に対応
社内デスクトップからスマートフォンまで、多様化するクライアント環境に対応。端末特定、多要素認証、アンチウイルスチェックなど多彩なエンドポイントセキュリティで利便性とアクセスの安全性を両立します。

クラウド活用を加速
セキュリティや可用性を心配しながらのクラウド活用は過去のもの。クラウドサービスの利用、乗換えから、BYODなど利用端末の拡大、IoT環境との連携まで、これからのIT戦略をスピーディに実践できます。

おすすめ記事

 

あなたの会社のWebセキュリティは本当に大丈夫?

F5のWAFはガートナーの2017年版マジック・クアドランドのWEBアプリケーションファイアウォール分野でリーダーに選ばれています。


常時SSL化の落とし穴 インフラ担当者が押さえておくべき対策とは

Webサイトを常時 SSL化するにあたり、インフラ管理者が押さえておかなければならない知識や注意点と対策について紹介します。


次のステップ

BIG-IQの
製品情報を確認する
製品情報
BIG-IQに関して
問い合わせをする
お問い合わせ

​​

お問い合わせ