課題

マイクロソフト社が提供するOffice 365は「社員の生産性の向上」といった面で非常に優れたクラウドアプリケーションです。

「いつでも、どこでも、どのデバイスでも」利用できる環境を提供することでユーザーの利便性は大きく向上します。一方でセキュリティ面でのリスクや懸念が伴います。

  • なりすましとは?

 

解決策

BIG-IP Access Policy Manager(APM) で 利便性とセキュリティを両立し、
お客様の要件にあった柔軟な解決策を提供します

多要素認証

なりすましやリスト型攻撃を防止するために多様な多要素認証が可能です。

BYOD対応

個人所有へのデバイスに対して検疫を実施します。
これにより企業のセキュリティポリシーを満たしていない端末や不正なアクセスから守ります。
また端末紛失や盗難時のなりすまし対応等も防ぎます。

認証・アクセスログの管理

社内、社外の全てのアクセスをBIG-IP経由させることで認証やアクセスのログを収集可能です。それによりブラックボックスになりがちなクラウドサービスの監査証跡も確実に記録できます。

Office365以外のクラウドアプリケーションの認証も一元化

BIG-IP APMSAML Federation機能によりSalesforceをはじめ、多様なSaaSアプリケーションにも対応。シングルサインオン(SSO)を実現します。

セッション増や回線不足を解決

Office365を使用する際に課題となるプロキシサーバの負荷軽減もBIG-IP APM で実現可能。

office365のセッション増や回線不足を解決する方法 

 

F5 BIG-IP APMによる社外からの利用/個人所有端末への対応

 

BIG-IP APMのOffice365向け認証機能

  BIG-IP APM
アカウント(パスワード)の管理方法 既存ADを含むLDAP/RADIUSなどアカウント情報と連携
アクセス端末のコントロール
(デバイス特定/多要素認証など)
多彩な検疫・多要素認証を提供
サービス可用性 専用設計の信頼性のあるOSおよびアプライアンスを提供
パフォーマンス・スケール 10万同時アクセスにも耐えうるハイパフォーマンス
認証方式 サードパーティ製品との連携など多彩な認証方式と、リスト型攻撃への対策機能

 

次のステップ

Office365に関する
他のソリューションを確認する
情報漏洩対策 ネットワーク負荷軽減
BIG-IP APMの
製品情報を確認する
製品情報
無料のフル機能版
評価ライセンスの入手
無料トライアル

​​

お問い合わせ