Office365が重い・遅い・・・
その問題をF5が解決します。

Office 365は1ユーザーで多くのセッションを同時に使用するため、既存のプロキシではパフォーマンスが不足します。
また、メール・ポータル等の利用がインターネット経由になり、インターネット向けのネットワークトラフィックが膨大に増え、インターネットアクセスの帯域が不足します。

F5のBIG-IPで解決

Office365向けの通信とそれ以外の通信の処理を分けて
ネットワーク負荷を分散

BIG-IPを使えば、Office365以外の通信の処理はOffice 365ネットワークトラフィックに通らないため、1人当たりの接続数増加に伴うリソース不足を解消します。
また、Office 365ネットワークトラフィックを判別するには、FQDNの更新情報の取得と登録を行う必要がありますが、 Office 365では不定期にFQDNの更新が行われます。
BIG-IPは単体でFQDN情報の取得と登録を自動で行うため、定期的なマニュアル作業(更新の確認、URLリストの変更作業等)による運用負荷を軽減します。

 
 

 

 

特長および他社比較

ソリューション・機能 F5 BIG-IP 他社ADC 備考
プロキシ負荷分散、バイパス プロキシサーバの負荷軽減
動的なドメイン更新
Office 365判別用FQDNの自動登録
×(※1) 運用が自動化されFQDN管理の手間から開放
Office 365アクセスを一括ログ管理
(在宅勤務等リモートアクセスユーザーも含む)(※2)
社内からのアクセス以外もOffice 365通信を把握
SAML認証M
二要素認証
他のクラウドアプリケーションとの認証連携、SSO
× 認証強化とユーザーエクスピリエンスの向上
認証機能をADCに統合 × 管理対象機器数を削減
URLフィルタリング機能(ADCに集約) アウトバウンド通信のセキュリティ対策
リクエストへのヘッダ挿入 テナントへのアクセスを制限

※1 別途自動化用の他社製品との組み合わせで実現できる場合があります。
※2 リモートアクセスクライアントの強制接続機能を利用できます。

 

 

導入事例

F5のWAFを導入しセキュリティを強化した企業事例

おすすめ記事

 

漫画で分かるWAF

あなたの会社のWebセキュリティは本当に大丈夫?

F5のWAFはガートナーの2017年版マジック・クアドランドのWEBアプリケーションファイアウォール分野でリーダーに選ばれています。


常時SSL化の落とし穴

常時SSL化の落とし穴 インフラ担当者が押さえておくべき対策とは

Webサイトを常時 SSL化するにあたり、インフラ管理者が押さえておかなければならない知識や注意点と対策について紹介します。


次のステップ


Office365に関する
他のソリューションを確認する
情報漏洩対策 セキュリティ強化
BIG-IP LTMの
製品情報を確認する
製品情報
無料のフル機能版
評価ライセンスの入手
無料トライアル

​​

製品・ソリューションに関する
ご相談・お問い合わせ

お問い合わせはこちら

~インフラの力を伸ばす~
資料ダウンロード

ダウンロードはこちら
®  ソリューションサイト